ようこそ魔女のヌメロロジーメソッドへ


 魔女ヒナコのプロフィール 〜 メソッドで伝えたいこと

1965年生まれ   ライフパス4

数秘術家  ヌメロロジスト

魔女の数秘メソッドを紹介し もう随分たちました。
おかげさまで スキルアップとして登場した プリスティンヌメロロジーも仲間に入り
日々 数秘を通した関わりの中で 少しづつ熟成されてきた想いと共に 
改めて原点を振り返って お伝えしてみたいと思います。

まず 私が数秘に出会った中で  一番のギフトと言えば 
いつも言っているように 自分の中に 中心なる軸ができたことでしょうか。
思えば セラピーと名がつく なんとなく惹かれたものを手当たり次第に学び 
学べば学ぶほど まだまだ自分は未熟で足りないことばかり・・という 
そんな意識だけが積み重なっていたとき。
もっともっと勉強しなければ 求める何かにはたどり着けないという気持ちだけが膨らんでいきました。

そんな中 私にとっては運命ともいうべき数秘学との出会い。
ほんとのことを言うと たった1から9までの意味さえ分かればいいの?
え? それでリーディングができるの? なんて。
出会いは ごくそんな軽い気持ちだったのを思い出します。

もう たくさんの種類のものを覚えたとしても  実際に使いこなせるのかも自信がなく
興味があってもなんとなく没頭できないで 今思うと 何をやっても
やる気と心から楽しむ気持ちがちぐはぐしていたように思います。
その時の私は 若く興味が溢れていた頃に 少しでもずっと続けていたら・・と やはりないないづくしの思考。
「好き」だけでは純粋に楽しんで取り組めず そのくせ自分の「何か」を求めてもがいていました。

そんな中での数秘は強烈でした。
そのシンプルさと 一言に詰まったキーワードの奥深さは とんでもなく私をぐいぐい惹きつけました。
さすがに 知っていても 使いこなせないと意味がない と感じていた私は
これは使いこなせるかも・・  という可能性の扉を
向こうから道を開けてくれたかのように感じたのですね^^

覚えるんじゃないんだ!!  「 感じる。 受け取る。 考える。」 
すべてのツールはそこに帰するとしても  それこそが主役なんだということを
一番最初から感じさせてくれたものは 他になかったように思います。 私にとっては稲妻でした。

もちろんそれからは没頭。 夢中になったことは言うまでもありません^^
もう10年以上前のことです。
東京まで出向き 本を出している人に無理やり 個人的に通信講座を開いてもらったり
もちろん講座を開催している人にも学んだりしました。
英語ができ ちょっと勇気があれば 海外も視野に入ったでしょうが
もうすでに子供もおり 私はそこまでの勇気もなかったので 
日本語訳のない英語の本は 単語のニュアンスで読み取ったり
面白半分のようですが とにかくそれでも楽しかったのです。

そんなこんなで数秘を深めていく中 自分自身が自分の中に不在だという驚きの発見と
そこから自己価値を発見していくこと   そして数というフィルターを通してその人の魂の目的や
その人自身を見るということが とっても楽しくなってきたので  
学び得たことの集大成として  何か記しておこうと思いました。

もし必要としてくれる人がいるなら 今まで学んだことを分かち合える何かが欲しい
という気持ちも自然と出てきましたし
数秘に関する多くの情報をテキストから学べ さらに資格を得れば そのテキストで人に教えることもできる
そんな夢につながるようなシステムは 当時ありませんでしたので その思いを形にしたいと思ったのです。
それがこの魔女の数秘ができあがる きっかけとなったいきさつです。
魔女の数秘は私にとって まさに卒論ともいうべきテキストなんですね^^

制作を決めてからは また新たに 数秘と名がつくすべての本や あるいは数霊など国会図書館を通して
読破しそれぞれの考え方を もう一度学びなおしました。
おかげで偉そうに この本の表現は極端すぎるとか この先生はすばらしく尊敬するとか
はたまた この理屈でこの計算の仕方はおかしいとか そんな気持ちが高じて
いろんなオリジナルも生まれました^^  この時点でもメモの走り書きやノートなど含めるとすごい量でした。

そうやって誕生した魔女の数秘学。 テキストが出来上がるとまず自分でホームページを作成。 
誰か必要としてくれる人がいれば ぜひ活用してもらいたいという感じでした。
そんな 全くのんきな趣味の延長のような始まりでしたが  
なんと 今では数多くの受講者の皆様と  その中からさらに数秘を教えるティ―チャーまでご縁を頂き
日に日にメールも多く頂くようになりました。     ほんとに驚きと感謝でいっぱいです。

実をいうと 私は多くの人に学んでもらいたいと思っているけれど 決して広めたいとは思っていません。
結果として広がっていくなら こんなに嬉しいことはないですが
私が伝えたい数秘は 一人一人を 輝かせるための数秘です。 
主婦であれば 自分が好きで愛されて幸せを感じられる自分を。
仕事を持っているなら その道で最高に輝ける自分自身をプロデュースできるように。
誰が何をしていても 自分が自分でいることを 全肯定できること。
私が目指すのは そんな
自己信頼を築く学問 です。

だから 魔女の数秘は 一言にビジネスツールではありません。
数秘大好き人間が集まり 数秘による叡智を分かち合っているスクールです。
ご縁を頂いたすべての方に  自分が「何か」になろうとする必要は全くなくて
「今 自分が大好き 」 につながることを全力で体感して頂くこと。
それがメソッドの使命だと思っているこの頃です。

数秘のすごさは
 「わかる」 「できる」 快感をすぐ実感できて
奥深さを謙虚に包み隠し すべての学びのセオリーを いたって単純に示してくれるところです^^
数秘と出会わなければ、 私はいつまでも 何か「足りない」 人間だったでしょう。
たった一つのツールを使いこなすことが 多くのツールを持つよりどれほど尊くて
叡智とつながり 豊かさをもたらすか 今 私は素晴らしく実感しております。
一分野のプロになる過程は 自分の人生に対峙することに酷似しているからです。

これから 精神世界やスピリチュアルを学ぼうとする人に伝えたいことは
立ち位置や目線だけで 物事は白から黒のように変化しますが  ほんとは良いも悪いもなく
何が正しいのかはすべて 個人の大局観と自己信頼による決定に委ねられている ということです。


もし 誰かの意見ばかり尊重してきたことによって 自分が誰だかわからなくなって方向感を見失っているとしたら
問題をすり替えて 別のことに一生懸命になったりせず まっすぐ受け止め向き合う勇気を持つこと。
そして いつまでも「自信がない自分」と付き合っていないで 軽やかに一歩踏み出すことを自分に許すこと。
それが何より大切なことと気づいてほしいのです。
すべては 誰かがすごい答えを与え変えてくれるわけでなく 
自分が学び 自分が感じ 自分を信じ 行動するほかないのですから。

そうやって 積極的に生きる魔女力の養成もこのメソッドの理念の一つです。
魔女力を正しく養うことによって 身近にいる天使や 自然界のエレメントたち マスターやあらゆる神々
そして絶対的な神 そういう存在にも敏感に気づいていきます。
そしてそんなメソッドの中で 自分や相手の魂の輝きを発見した時・・ 
それをギフトとして 素直に受け入れる自分がいるかどうか  
輝きとして光を感じる自分でいるかどうか それもすごく大切なことですね^^


受け取る土壌も磨いていく・・   そんな魔女道も学びつつ 数秘を深めるメソッド。
個人の中に深く根を下ろす学びを ぜひ感じ取っていただければ幸いです。


  「心から求める自分になる

魔女の数秘学はそんなことを提案するメソッドです。
そういう理念のもと 私たちは心から数秘を楽しんでいます。

魔女の数秘メソッドにご縁をただければ嬉しく思います。


魔女の数秘メソッド研究所     代表 ナカタヒナコ